朝鮮半島開戦なら核戦争の恐れ、米韓軍来援前にソウル壊滅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国の専門家及び政府関係者は、朝鮮半島で一旦開戦すれば深刻な数の死傷者が出て、核戦争に発展する可能性もあるとしている。星洲日報が伝えた。

専門家は、「北朝鮮のミサイルは韓国の首都ソウルに照準を合わせており、わずか数日でソウルの高層ビルを砲撃することが可能で、米韓軍が来援する前に民間に大量の犠牲者が出る可能性がある」としている。

米ブルッキングス研究所シニアフェローのマイケル・オハンロン氏は、「ペンタゴン(国防総省)のあらゆる軍事シミュレーションは、北朝鮮が戦争に勝つため には数カ月を要し、約100万人の死傷者が出ると想定している」と述べた。ただし、これはあくまでも「核兵器が使用されない場合」の予測だ。別の専門家 も、最も重要なポイントは、北朝鮮が大規模殺傷兵器を有効に運用できるかどうかだとしている。

もし本当に開戦となれば、最も早ければ数時間から数日のうちに、米軍の戦闘機が北朝鮮の核関連施設や化学兵器を破壊するだろう。ただし、アメリカの総合雑 誌『アトランティック・マンスリー』が2005年に主催した模擬演習では、ソウル及び近郊の大規模殺傷兵器による被害を食い止めるには、米軍機の爆撃出撃 が1日延べ4千回以上も必要とされた。

韓国側は、北朝鮮は100基の核ミサイルを保有しているとしている。もし北朝鮮がソウルに向けて核ミサイルを発射、もしくは、生物兵器特殊部隊を韓国に出 動させることを選択した場合、米国の大規模な報復行動を引き起こし、世界で初めての本格的な核戦争が勃発する可能性がある。

引用元: 朝鮮半島開戦なら核戦争の恐れ、米韓軍来援前にソウル壊滅?香港紙 2010/11/29月 15:39:53 [サーチナ].

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す