成功したい人のためのビジネス書の名言62 ? 140文字でわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成功するために読んでおきたいビジネス書の名言をまとめました。
変われる人と変われない人の違いは何かというと、変わらなかったときの将来の痛みと、変われたときの将来の喜びを、今しっかり感じることができるかどうか。
【目標達成する技術】

「なんで私がこんな仕事やらなきゃいけないの!」と思うのではなくて、「どうしたらいい仕事が回ってくるのだろう」と考える。こういう人が将来的には伸びるはずです。
【仕事は上司との関係が9割!】

リスクを冒して失敗することは20代でできる、いちばんの財産です。将来、「目を見張るような活躍」をするためには、「目を覆うような失敗」を恐れないことです。
【20代にしておきたい17のこと】

もちろん努力は美徳です。でも間違った方向への努力はいただけません。決して成果につながらないどころか、努力に逃げるぶん「自分はこんなに頑張っているのに」という気持ちになり、逆に成功への足かせになるケースが多いのです。
【悪女の仕事術】

もし、夢をあきらめそうになったら、「本当に他に道はないのか。できる努力はすべてやったのか」と自分自身に問いかけてほしい。「もうダメだ」と思ってから、あと五センチ前に進む粘り強さが、夢を現実にするのです。
【夢のスイッチ】

絶対に失敗しないとわかっていたら、あなたは何をするだろう。少し時間をとって、この問いに真剣に答えて欲しい。絶対に成功するという確信があるなら、あなたは何を追求し、どんな行動をとるだろうか。
【人生を変えた贈り物】

失敗を避ける人は成功も避けている。
【金持ち父さん 貧乏父さん】

Fake it till you make it.(なりたい自分の姿があるのなら、すでになったつもりで行動しなさい)
【小さな会社のブランド戦略】

私たちは、繰り返される言葉、自分で発する言葉、そして他人が同調する言葉で、現実が構築される。つまり、まわりの環境ーどんな人を自分のまわりに置くかーで、自分の現実が変わってしまう。
【非常識な成功法則】

失敗が失敗に終わるのは、その失敗を改善に結びつけないからだ。失敗が改善に結びつかないのは、すぐに行動を起こさないからだ。すぐに直さなければ、同じ失敗を必ず繰り返す。
【成功の法則92ヶ条】

不平・不満はクセになります。前向きな発想やアイディアを生み出す思考回路を遮断し、ネガティブな考え方になります。この状態で成功した人はいません。
【仕事に幸せを感じる働き方】

負けると思ったらあなたは負ける。負けてなるものかと思えば負けない。
【思考は現実化する】

人生で真に失敗と呼ぶべきものがあるとすれば、それはミスから何も学べなかったときである。終わったことをいつまでも気に病むことなく、そこから学んで本来の目的に集中することだ。
【人を動かす人になるために知っておくべきこと】

不満をマイナスに考えてはいけない。不満をプラスに持っていける人こそ、人間的に成長し、人生を登っていけるビジネスパーソンだ。
【いい仕事の仕方】

最終的に成功するのは「敵に塩を送る」タイプの人間である。なぜなら、人間は相互応報的(意地悪をされたら仕返しをする)あるいは相互互恵的(親切にしてもらったら恩返しをする)な行動をとる習癖があるからだ。
【ツイッターノミクス】

感謝する成功者はいるが、他人のせいにする成功者はいない。
【リーダーになる人のたった1つの習慣】

限界を作ることができるのは、自分だけです。夢をあきらめることができるのも、自分だけです。自分があきらめない限り、夢が私たちをあきらめることはありません。
【仕事が夢と感動であふれる5つの物語】

最も重要なことは、君たちの心や直感に従う勇気を持つことだ。心や直感は、君たちが本当になりたいものが何かを、もうとうの昔に知っているものだ。だからそれ以外のことは全て二の次でいい。
【ウェブ時代 5つの定理】

「その人がどうなるかは、学んだことによって決まる。」言いかえれば、「何を学ぶかは慎重に決めなさい。頭脳はとても大きな力を持っていて、その中につめこんだものによって、あなたがどうなるかが決まる」
【金持ち父さん 貧乏父さん】

私たちは歴史から何も学ばず、「歴史は繰り返す」という言葉を自ら実証しようとしている。歴史の授業で年号や日付、人の名前ばかり覚えていて、教訓を得ようとしないからこんな結果になるんだ。
【金持ち父さん 貧乏父さん】

人生にリハーサルはありません。ベストを尽くすチャンスは一度しかないのです。
【20歳のときに知っておきたかったこと】

「できない」というのは単なる思い込みであり、できる人を分析し、実行すれば、成功するなんて、本当にチョロイことなのです。
【エジソン脳をつくる脳活読書術】

「成功者」の反対は「失敗者」ではなく、「チャレンジしない人」なのです。
【自分の会社を100年続く企業に変える法】

成功するには、・勉強好きであること・プラス発想であること・素直であることの3つの条件が必要である。
【本物になるクセづけ】

仕事は作業や。せやから、自分が仕事で幸せになりたかったら、自分が一番好きな「作業」を選ばんとあかん。どんだけでも続けられる一番好きな「作業」を仕事にするんや。それが仕事の正しい選び方や。
【夢をかなえるゾウ】

自分のやり方を貫き通すよりも、「我」を捨てて身を委ねたほうが楽に、早く成長できる。
【流される力】

収入が不安定とか、恋人が親が反対するとか、そんな悠長なこと言ってる場合ちゃうで。仕事まちがえたら、それこそ一生棒に振ることになるんやで。
【夢をかなえるゾウ】

自分が選んだ道は自分しか進めない。だから、自分の直感を信じて走りきることも必要だ。
【あたりまえだけどなかなかできない 25歳からのルール】

人間の花は十年後に咲くんです…だから人間の花は、「よし、やるぞ!」と決意して三年ぐらい経ったときに「三年経っても効果がない」とやめてしまったら駄目なんですよ。
【小さな経営論】

伸びる人は、このステップで考える!?まず、問題の「真因」を見極める。?問題をロジカルに「分析」する。?解決策の「仮説」を立てる。?さらにぶっ飛んで「発想」する。戦略を自信をもって「実行」に移す。
【問題解決力をつける本】

超一流の人間は、傷を英知に変えます。失敗をてこにして、我が身を成功へと近づけるのです。彼らは問題と見ようとしません。可能性を見ようとします。
【3週間続ければ一生が変わる2】

「いつか」と思っているうちは、何も実現できないのである。ひとつの映画を見に行くだけであっても、事前に予定日をブロックしておくこと。それが、自分がやりたいことを実現するための、一番の近道だ。
【すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい】

悲観論者が秘密を発見したことはないし、未知の土地に航海したことも、人間の精神に新たな地平を切り開いたこともない。-ヘレン・ケラー
【ビジネスで失敗する人の10の法則】

自分の大好きなことをしないのは危険なのだ。自分のしていることに愛情を感じない人は誰であれ、愛情を感じている人にことごとく負けてしまう、それが冷酷な真実だ。
【ビジョナリー・ピープル】

常に自分に「行動に移しているか」「不満を言っているだけか」の問いを突き付けて、自分にとって重要な問題には、自分で立ち上がり、対応していくクセをつけてもらえたらと思います。これ、最高のポータブルスキルです。
【ポータブル・スキルを身につけろ!】

成功する人というのは、素早く決断するものだ。そしてまたよほどのことがなければ、その決断を変えないものである。逆に、失敗する人は、決断が遅く、ちょっとした心の動揺でまた変更してしまう。
【思考は現実化する】

「もうこれで十分だ」と思ってしまえば、そこで前進という二文字も消え去ってしまう。
【人間は自分が考えているような人間になる】

何事によらず、成功に通じるいちばん大切な秘訣は、それを信じることにある。達成できると心から信じれば、必ずや達成できるものだ。
【成功の掟】

「私に任せていただけますか?」この質問が口ぐせになっている人は、間違いなく成功できます。
【頭のいい説明 すぐできるコツ】

目標は紙に書くと実現する。もう一度、言うよ。紙に書くと実現する。そう。紙に書くと実現しちゃうんだ。
【非常識な成功法則】

成功者と自然体でどんどん知り合いになっていく人には、共通点がある。まずは、一方的に「与えられること」を期待するのではなく、まずは他人に「与えること」からスタートする。
【非常識な成功法則】

成果をあげるためには、人の強みを生かさなければならない。弱みを気にしすぎてはならない。利用出来る限りのあらゆる強み、すなわち同僚の強み、上司の強み、自らの強みを総動員しなければならない。
【プロフェッショナルの条件】

失敗する者は一度のチャンスを夢見るが、成功する者は一日一日を人生のチャンスとみなしている。
【韓国最強企業サムスンの22の成功習慣】

人から認めてもらうには、今与えられた環境の中で、自分が出来る最高の仕事をしよう。
【結果を出す人の勉強法】

はっきり言って、自分の頭で考えることには限界があります。ひとりの人間が歯を食いしばって独力でがんばるよりも、とにかくデキる人の真似をして、それを吸収していくことです。…その「仕組み」を真似するのです。
【仕組み仕事術】

人生を成功させたいのなら、何か将来達成すべき、大きくて、かつ明確な目標が必要です。「”私が成功する”とはこれを達成することである』と、はっきり宣言できる願望や目標に掲げなくては意味がありません。
【思考は現実化する】

意思決定をしないとは、もはや無意識に「チャンス」を見送っていること。それどころか、将来に向けて自ら「リスク」を育てる行為といっても過言ではありません。
【意思決定力】

一人の時間をどうやって使っているかが人生を決める、運命を決める。
【小さな経営論】

いま自分の手の届くところにあるチャンスに感謝しないで、欠けているものばかりを見てないものねだりをするのは、せっかくのチャンスを踏みにじっているのと同じ。
【3年に一度は勝利の方程式を変えなさい】

人と同じことをしているかぎり、自分の希少価値は高まらない。
【60歳までに1億円つくる術】

やることを明確にできる人は、上司や社長の期待に応えられています。反対にノー・プランで「まあ、やれと言われたことをやっておくか」とボーッと日々を過ごす人は、それなりの人生にしかなりません。
【お金に好かれる人嫌われる人】

失敗するんだったら早く失敗しないといけない。ビジネスというのは理論通り、計画通りには絶対行かないんです。だったら早く失敗して、早く考えて、早く修正する。
【カンブリア宮殿 村上龍×経済人3】

心情的に納得できないかもしれませんが、頑張る人よりも結果を出す人が優遇される。努力の方向を間違っている人は報われない。それが現実社会のルールなのです。
【悪女の仕事術】

目的は何か、何をなすべきか、どう行っていくかを「明示的に可視化=見える化」しておかないと、仕事はとうていうまくいきません。仮にうまくいったとしても、それはまぐれかもしれません。再現性がないということです。
【見える化仕事術】

嫌いな仕事をしつづける者は、二重の苦しみを味あわねばならん。まず仕事自体が重荷になる。そしてもっと悪いことに、その仕事は富をもたらしてはくれない。
【成功の掟】

欲をもちなさい。欲が磨かれて志になる。
【働く君に贈る25の言葉】

自己投資にお金が使えない人は、自分が成長することを本気で信用していない人です。それはつまり、自分の将来を信じていない人ということになります。
【お金の才能】

金持ちになれる人は「何でも学ぼう」と思う。お金に縁のない人は「何でも知っている」と思う。
【ミリオネア・マインド】

自分の生き方や考え方、態度が「正しい」かどうか自問する代わりに、それでうまくいっているかどうか自問してほしい。
【史上最強の人生戦略マニュアル】

「ヘンなヤツだと思われるかもしれない」こういう心配をしていたら、未来永劫「人と違うアウトプット」はできません。
【情報は「整理」しないで捨てなさい】

達成することだけに集中すれば、具体的な方法を必死に探し始めるようになる。できない、という考えを頭から捨て去れば、人はできることだけ考える。
【1年の目標を20分で達成する仕事術】

本当にやるべきことは、いまその人がやっていることを真似るのではなく、その人がその人になっていく発展途上でやっていたことを真似ること。
【お金を稼ぐ読書術】

引用元: 成功したい人のためのビジネス書の名言62 ? 140文字でわかる.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す