MACでPerl / PHP / Ruby / Python / Java / AppleScript / Perl それぞれHello Worldする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境構築なにもしなくてもMacってデフォルトでいろいろ入ってるからラクラク。

Mac OS XでHello world!を表示

まず、「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し「ターミナル.app」を起動します。

Perlの場合
PHPの場合
Rubyの場合
Pythonの場合
Javaの場合
AppleScriptの場合
Perlの場合

コマンドラインインターフェースで表示する場合は、下記のようにターミナルに入力します。
perl -e ‘print “Hello, world!\n”‘

または、下のような内容でファイル「hello.pl」を作り、
hello.pl
#!/usr/bin/perl
print “Hello, world!\n”;
ターミナルで実行しても表示できます。
perl hello.pl

↑戻る
PHPの場合

PHPのcli版で表示する場合はこのようにターミナルに入力します。
php -r ‘echo “Hello, world!\n”;’

または、下のような内容の「hello.php」を作って実行する事もできます。
hello.php
<?php
echo ‘Hello, world!’.”\n”;
exit;
?>

↑戻る
Rubyの場合

下記のようにコマンドラインインターフェースで実行できます。
ruby -e ‘puts “Hello World!”‘

また、下のような内容の「hello.rb」ファイルを作り実行する事もできます。
hello.rb
#!/usr/bin/ruby
puts “Hello, world!”

↑戻る
Pythonの場合

コマンドラインではこのように表示します。
python -c ‘print “Hello World!”‘

また、下のような内容の「hello.py」を作り実行する事もできます。
hello.py
#!/usr/bin/python
print “Hello World!”

また、pythonは対話モードで実行する事ができます。
「python」と入力し対話モードに入り、

そのまま、実行します。

↑戻る
Javaの場合

下記のような内容のファイルを作り「hello.java」と名付けます。
hello.java
public class hello{
public static void main(String[] args){
System.out.println(“Hello World!”);
}
}

下のように入力してコンパイルし、実行します。
javac hello.java
java hello

↑戻る
AppleScriptの場合

「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「アプリケーション」→「AppleScript」の中の「スクリプトエディタ.app」を起動します。
そして、下のように入力します。
display dialog “Hello World!”

実行するとこのようになります。

引用元: Mac OS XでHello world!を表示する方法 / Inforati.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す