アメリカ産反重力航空機 アストラTR3-Bトライアングル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年1月17日 ボリビアのサンタクルス 嵐の夜に多くの人に目撃された未確認飛行物体。
ボリビアのニュースでも大きく取り上げられ、ボリビア政府は飛行物体を徹底的に調査するとしている。
写っているのはビデオの1:34-1:37あたり。

アメリカの反重力航空機アストラTR3-Bトライアングルではないかと噂されている。

「アストラ」と呼ばれる、TR3-Bトライアングルは、アメリカの航空隊における、巨大な三角形の核燃料式の反重力航空機である。極秘プロジェクトに関わる防衛産業の内通者である、エドガー・ロスチャイルド・フーシェは、著作「エイリアン・ラプチャー【異星人の狂喜?】」の中でTR3-Bの存在に関する記述をしている。

私の元NSA職員の情報提供者である「Z」も、同様にTR3-Bが作戦行動中である事を認めた。「Z」は、三角形のTR3-B反重力航空機に関してこのように述べた。「TR3-B、これは、地球上に住む誰もが見たことがある物のコードネームを指している。それは、非常に巨大な三角の形をした、大気圏に再突入可能な、反重力で飛行する機体である。ポピュラー・メカニックス誌の2000年11月号で、それがレンズ状のミサイル弾頭、核燃料で飛行する円盤で、最初に作戦行動を行ったのは、1962年であった事が確認された」

「それは、湾岸戦争開始直後の早い時間帯に、電磁パルス、或いは電磁レーザーキャノンを装備し使用された。それは、文字通り空中にあって、アンテナ、電波塔、通信施設、航空管制塔、テレビ放送用パラボラアンテナやテレビ局その他の施設を破壊するため、長距離、中距離、近距離を攻撃していた。これら3機の三角形(TR3-Bの編隊)は、3時間そこに居座り、視界に入る物全てを吹っ飛ばした。その結果、ステルス攻撃機は、その日一日と次の夜の未明まで、休養を楽しむことが出来た。その後、成層圏の要塞B-52の高々度からの絨毯爆撃がそれに続いた。B-52は、老朽化したベトナム戦争時代のがらくた(軍需品)を全部放り出した。3度目の爆撃とその残りは失敗であったが、とにかくTR3-Bは1960年代から実験が行われている。しかし、それが完全に動作し始めたのは、たかだか8年程(1992年以来)の事である。それは、トルーマン大統領が最初に見た機体(ロズウェルで墜落した機体)の良くできた改造品である。それは、カリフォルニア州パームデールのスカンク・ワークス(ロッキード・マーティン社の機密プラント)と、ボーイング社(シアトルのファントム・ワークス)とに区分けされ建造された。現在それは、ユタ州にある。」

引用元: 機密扱いの反重力航空機 -Part7.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す