Excelで保存しないで閉じてしまったファイルを復元する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

excelrevision

Microsoft Office Excel 2007 および Excel 2010の場合。
他のバージョンでも自動バックアップの機能がある場合は同様。

自動バックアップされているかの確認:
Excel 2007 では Microsoft Office ボタン、Excel 2010 では [ファイル] メニューをクリックし、Excel 2007 では [Excel のオプション] をクリックし、Excel 2010 では [オプション] をクリックしてから、[保存] をクリック。
自動バックアップのチェックボックスが入っていれば保存されている。

その下のパスに保存場所の記載があるから、それをコピーしてエクスプローラーのアドレスバーに貼り付ければ自動バックアップされているExcelファイルが表示される。

一応デフォルトの自動バックアップ場所はここ
ドライブ:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Excel

excel上から復元する方法:
ファイル → 情報 → バージョンに前のバージョンが表示されていればここから。
記事トップの画像は残念ながら前のバージョンがなかったケース。
確認した手順はexcel 2010。他バージョンも似たようなとこにあるんじゃないかな。

忙しい時にかぎって保存しないでフリーズしたり?閉じしちゃったりするものだからメモ。
まぁ、WindowsとOffice製品絶滅しろ、と。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す