ファーストフード店のチキンナゲット、肉は半分以下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残り半分は脂肪、臓器、血管、骨

量産されてる食品のほとんどがなんかしらこんなかんじだと思う
安売りされてる輸入フルーツが防カビ剤ふりかけまくり、米の農薬、お菓子に人工甘味料、惣菜に添加物、・・・
食品に気を使うと限りなく疑わしくなる

信頼出来る生産元から高値で直接買うくらいしか選択肢なくなるから適度に選ぶ
かの地で出荷してる放射性物質入り食材は論外

米国の大手ファストフードチェーンが販売する、鶏ひき肉に小麦粉などをまぶして揚げた食品、チキンナゲットの中身半分が鶏肉ではないと、米国のミシシッピ大の教授らが発表した。
 米国では、学校給食やレストランの子ども用メニューとしても提供されるほど人気の食品だけに、注目を集めている。
 調査チームは、米国の大手ファストフードチェーン二店舗で販売されていたチキンナゲットを顕微鏡で調査。
 一つ目は、半分が鶏肉だったが、半分は鳥の脂肪や血管、臓器などが使われていた。二つ目は、40%が鶏肉で、残りは鳥骨や軟骨で占められていた。
 教授らは、個別の店舗名は発表しない方針。調査結果をまとめた論文は、米医学雑誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された。
 結論として、「チキンナゲットはほとんどが脂肪で、名前は誤解を与える」と指摘している。

via 東京新聞:チキンナゲット 肉は半分以下 米大手2店 教授ら調査:国際TOKYO Web.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す