幸せを感じる脳内物質セロトニン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する

セロトニンの効果:
心が落ち着いて穏やかになる
意欲や集中力が高まる
アンチエイジング効果
便秘や冷え性改善
免疫力が上がる

セロトニン分泌に効果的なこと:
朝起床する
朝の光を浴びる
セロトニン分泌後、14時間後にメラトニンが分泌されて夜自然に眠れる
味噌汁、納豆、発酵食品、バナナ、カツオ・マグロなどの赤身肉
しょうが、にんにく、とうがらしなどの調味料
リズム運動
笑う、スキンシップ、青い色や光を見る、深呼吸をする、首を回す
何事も頑張りすぎず、適度な休息を心がける
泣く

引用元: セロトニン – 脳科学辞典.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す