TimeMachineの転送速度が異常に遅い場合の解決・対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Buffalo Linkstation をNASとTimemachineで併用してるんだけど、3ヶ月ごとくらいにTimemachineバックアップを全削除して作りなおさないといけませんみたいなメッセージでる。
で、今回例のごとく0から作りなおしてみたら残り時間15日とか出てて数MB移動するのに数分かかるような異常に遅い転送速度になる現象に遭遇。

対処法:
Timemachine ディスクをfinderから開いて.sparsebundleってファイル名のものを削除することで改善しました。

それでもNASで802.11n LAN経由でMBAの全データバックアップだから15時間とかはかかるみたい。
NASは消耗品っぽいし、数年経ってLinkstation壊れたら値段高いけど素直にTimecapsule買って外付けHDD付けてNASにする予定。
やっぱTimemachineバックアップは常に安定動作してくれないと不安。

TimeMachineの保存ディスク内にあるバックアップイメージを削除してからTimeMachineを実行することで、現象が改善される場合があります。バックアップイメージは「【TimeMachine実行元のMac名】.sparsebundle」というファイル名で保存されています。TimeMachine機能を無効にしたうえで、これを削除します。複数のMacでTimeMachineを実行している場合は、当てはまる方を削除します。削除した後に、TimeMachine機能を有効にして、手動でバックアップを作成します。それ以後は、普段通りの運用で問題有りません。

なお、これによってTimeMachineの動作は正常になると思いますが、今までTimeMachineで管理してきた履歴情報などのバックアップは全て消えてしまいます。本作業はあくまでも最終手段であり、作業に当たっては前述のリスクを理解のうえで行ってください。

引用元: [Mac]TimeMachineの転送速度が異常に遅い場合の解決方法 – 旅モバ。.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す