1円航空券で沖縄 – 成田間を移動してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論から言うと、安いから今後も利用する。
安いことによるマイナス要素は想定していた通り。
欠航とかにならなくてよかった。(運次第)

・格安航空券をセール価格で買う
4月か5月くらいにJetstarが運行開始記念ってことで、1円航空券を1万枚限定でセールやってて9月に搭乗する分を買ってた。
セールやってるっていうのはJetstarのメーリングリストに登録してて気づいたような気がする。

いつもはSkymarkの980円セールとかを狙って、発売とほぼ同時に売り切れたりでまず買えないって状況だった。
Jetstarのセールは枚数がかなり多いためかセール開始してから数時間はふつうに買える。今回は2往復分買った。
この時期のセールとは別に運行開始してからも3000円くらいのセールは2回くらいやってた気がする。

Jetstarの場合発券手数料で1枚200円かかるから、往復の総額は402円。

どの航空会社のセール価格でも共通しているのは2ヶ月以上先の搭乗券を買うってこと。

・格安航空券のマイナス要素
手荷物預けが有料 重さによって1000円〜 予約時じゃなく空港で搭乗手続き時に預けることにすると2000円〜
機内サービスなし 有料販売はあってソフトドリンク150円とか
欠航、時間変更がわりと多め 少ない機体数で運行してるから1箇所トラブル起きると全体に影響するからっていう理由らしい
成田空港遠い

・乗ってみた感想
シート間隔が狭いとかすわり心地悪いとか想像してたけどいたって普通。機体が新しいから清潔感あり
狭いことは狭いけど無理な姿勢をとらないといけないほど狭くはない

搭乗者が家族ずれで小さい子供が多い印象
運次第で近くに子供がいるとあんまり快適じゃない
今回の座席は後ろの席が親子で、膝の上に子供乗せて常に前のシートを蹴るっていうプレイ付きシートだったから離陸前に横の空いてる席にこっそり移動した。
空いてる席がなかったらそれなりにトラブってたと思う

機内持ち込み荷物が10kg機内の規定サイズ以下のものと、手荷物ひとつって制限だったけどどこで測ってたのか不明。
10kgギリギリのバックパックと羽毛じゃない3シーズンシュラフ(けっこう大きい)手持ちで、特に問題なく持ち込めた
無理だったら空港から宅急便で送ろうかと思ってたけど、預け荷物の量を減らすための有料サービスなんじゃないかと思うくらい手荷物制限の確認はゆるい
もしかしたらこれもそのときの担当の人次第ってので運次第かも。

成田空港からの移動はスカイアクセス線アクセス特急っていう途中までスカイライナーと同じ路線を使うけど有料料金のかからない電車が安い
1時間に2本くらいしかないから時間が合えばこれは使える。本数少ないから路線検索ふつうにしてもなかなかヒットしない路線

wimaxとMBA持ってれば時間の潰し方はいくらでもあるから40分待ちでこの記事書いてる

これからは国内の空港移動どこ間でも5000円くらいっていうのが標準になるかも。J◯Lとか◯ね

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す