5/5 泊原発3号機停止、国内の原発稼働ゼロに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道電力の泊原発3号機が5日に運転を停止し、定期検査に入ります。これで、国内のすべての原発が止まることになります。

 北海道電力の泊原発3号機は、午後5時に運転中の原子炉に制御棒を挿入し、出力を下げる作業が始まり、午後11時に発電出力がゼロになります。そして、6日の午前2時には核分裂が停止します。大震災以降、国内で唯一、営業運転を再開していた泊原発3号機ですが、再稼働の見通しが立たないままの運転停止に地元住民は心中も複雑です。
 地元の人:「事故のことを考えると、(停止することが)安心かなと思うが。今まで(村が)もらっていたものが大きいので…」「ずっとこのまま止めれば、皆困る。商売している人とか」
 国内ですべての原発の運転が止まるのは実に42年ぶりで、これまで原子力を中心として進められてきた日本のエネルギー政策は大きな節目を迎えます。

引用元: 泊原発3号機きょう停止 国内の原発稼働ゼロに.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す