日本で流通しているパタゴニア製品はアメリカ価格の1.7倍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で流通しているパタゴニア製品はアメリカ価格の1.7倍。
パタゴニアはシーシェパードに資金提供していて、シーシェパードは日本の捕鯨を妨害している。
だから日本でパタゴニアは買うなと。

うーん・・・どうなんだろ。同じような理屈でいくと外国車とかってわりとたくさん該当しそう。

実は1年前、こういうブログを書きました。本日はこれの2012年バージョン。
わたしはパタゴニアがとっても嫌いです

念のために言っときますが、わたしは25年前からのパタゴニアのユーザーです。日本で誰も知らないうちからPopeyeとかの雑誌で紹介したり(懐かしい・・)、カタログ通販でせっせと買ってました。しかしいまではスーパーウルトラアンチのパタゴニアファンです。去年はダウンセータをわざとヤフオクの並行業者から買いました(個人的に嫌みのつもりで。しかも新品でユニクロなみの1万円!! ショップのセール品らしい)。正規では絶対に買いません。

上記のブログにも書きましたが、アメリカのパタゴニアサイトのトップ(http://www.patagonia.com)には日本のプロバイダからはつながらないようになっていて、アクセスしてもリダイレクトで日本のパタゴニア(http://www.patagonia.com/jp)に飛ばされます。
見せたくないものがあるからですわ。

ですが、トップページから遷移しないとこの姑息な手は使えないようで、(http://www.patagonia.com/us)と打って入ったら見られるのです。見たら、びっくら。日本から見られないようにして いる理由が分かります。

日本で売ってる価格
¥36,750

アメリカで売ってる価格
$279

現在1ドル78円で換算しますと・・・
アメリカ価格 21762円・・・モンベルより安いし全然ブランドじゃない??
日本価格   36750円

価格差1.68倍。スーパー円高なのにまったく関係なし。Appleだってappの価格を105円から85円にしたのに。
日本価格はアメリカ価格より約70%増し!! なめとんのか、日本人を!!
中国で製造しているので、日本からは当然中国からのドロップシップ。だから逆にアメリカよりも輸送コストは低いはずだ。 日本向けに製品ラインをいちから作っているとか、品質管理をきつくしているとか、そういうのなら話は別だが、パタゴニアはアメリカと全く一緒。しかも日本では卸をしていないので、直販のみ。輸入代理店の場合は、卸をして小売店に流すのでそのマージン分だけ高くなっても普通だが、直営なのに国によってこの価格差はありえないでしょう。ベンツだって直営になって世界共通価格です。

つまり「日本人はバカだし、英語も苦手だから何も知らない。パタゴニアのブランド力で高くしても関係なく買うって」と思ってるんでしょう・

こんな姑息な広告をするパタゴニアですが、日本人にとってはもうひとつ、絶対に許せないことがあります。それは反捕鯨を旗印にする人種差別的テロリスト、シーシェパードに資金を提供してることです。

シーシェパードは3.11の震災でメンバー6人が被災し、住民が自分たちも被災しているのに助けたのに対し、代表のポール・ワトソンは「震災は天罰だ」という発言をしているのは有名な話です。報道もされています。ご存じない方はこちらを

「白鯨」よんでも分かるように、油を取るために鯨を殺して殺して殺しまくったのは欧米人。しかも油だけ取ってあとは肉も捨てまくって乱獲しまくり。自分たちで激減させておいて、生息数をきちんと調査した上で資源に影響ない範囲での捕鯨をしている国を野蛮呼ばわりとはなにごとか。上目線にもほどがある。日本だってザ・コーヴに対抗して白鯨を映画化した方がいいです。「白鯨」読んだこと無い人は必読です。

そんな奴らが日本人は鯨を捕ってるから天罰を受けたまでいうとはお笑いぐさですが、今シーズンも日本の船の妨害に開始しました。高速船から無人機まで動員し、凄い資金力を見せつけています。彼らはこういう派手な行動で金を集めるわけです。

すでに削除されてるようですが、パタゴニアの日本支社のサイトにあった文言

パタゴニアは支援する団体を入念に審査することで、各団体がそれぞれのミッションや目標を効果的に実現しようとしているかだけでなく、各団体が市民的不服従に関与しているかどうか、人々の生命を危険にさらすような行為をしたことがないかについて照合しています。
過去において Sea Shepherd は、直接行動という戦術を採用してはいるものの、人命に対する脅威は回避するよう注意深く行動してきました。パタゴニアの考えでは、Sea Shepherd の今までの行動は“科学的調査”という名目で行われてきた “クジラの捕獲” を、日本を含む各国の捕鯨船に中止させるという組織ミッションに対して効果を発揮してきたと捉えています。こうした捕鯨は残酷的かつ暴力的であり、不必要なものです。Sea Shepherd に対する支援は、残された世界中の野生生物、特にかつての生息数から激減し、現在わずかな生息数しか残っていない生物を保護することに活動の重点を置いている環境団体を支援するという、弊社の大局的な目的に含まれたものでした。

シーシェパードは日本船に体当たりしたり、薬品入りのビンを投げつけて怪我させるような行為をしてるわけですが、日本人は「人々」のジャンルにははいってないっぽいですね。

アメリカの1.68倍の価格で馬鹿な日本人に高く商品を売りつけ、バカ儲けした金はシーシェパードに回って我々日本人の誇りを傷つけます。こんなお店でものを買う日本人、恥ずかしすぎます。無知すぎです。

引用元: パタゴニアは日本人を馬鹿にしているのか? 2012年編 | More Access,More Fun!.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す