国立市が「脱東電」、実は霞が関省庁の電力も東電じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国立市は、市役所庁舎や公民館、市立小中学校など20カ所の電力供給元を東京電力から電力小売り事業者「エネット」(本社・港区)に切り替えた。

東電福島第一原発事故を受け、市は9月、入札による電力供給業者の選定を決定。温室効果ガスの排出など環境負荷が一定の基準を下回る業者のみを対象とした一般競争入札を10月に実施し、東京ガスなどが出資するエネットが落札した。入札には4社が参加し、エネットの単価が最も安かった。

エネットへの切り替えで、20施設の年間の電気料金は約150万円安くなる見込みだという。契約期間は11月から来年10月末まで。

国立市役所

出典itot.jp

市役所庁舎も電力供給が
東電からエネットに切り替えられる。

施設::20カ所

市役所庁舎や保健センターなど公共施設9ヵ所
市立小中学校11校

契約期間::2011年11月-2012年10月末

東電比較::約150万円安

年間電気料金::計約5960万円

特筆ポイント::本庁舎の電力自由化は国立市が初めて

国立市コメント::歳出削減と環境への配慮を両立できる

▼電力会社エネットについて

■1973年■
九州大学工学部 電気工学科卒業
■1992年■
NTTファシリティーズサービス推進部電力部門長
■2009年■
NTTファシリティーズ代表取締役副社長
■2011年6月■
代表取締役社長就任

設立::2000(平成12)年7月7日

2001(平成13)年4月から営業開始

社名由来::ENERGYとNETWORKの融合

経営理念
・情報流通とエネルギーを融合した新たな価値を創造
・顧客満足度の高いサービスを提供することで社会に貢献

共同出資::NTTファシリティーズ・東京ガス・大阪ガス

電力供給量::300万キロワット以上

電力内容::天然ガスが中心

・環境に優しい
・電力の安定供給や系統電力からのCO2削減に貢献
・その他では太陽光、水力、風力、バイオマスによる発電(原発なし)

▼エネットの電力供給方法

電力会社・企業自社発電余剰分等の電力を買取

電力会社送電網によって送電

電力到達

電力買取元::天然ガス発電所・自社発電所・その他発電所

天然ガス発電所::東京ガス株式会社・大阪ガス株式会社
自社発電所::茨城県、京都府
その他発電所::全国の事業者(横浜市ごみ焼却施設での発電電気等)

販売制限::50キロワット以上の大口契約者のみが利用可能

・電力会社が設ける自由化阻止の制限
・このため、一般家庭がエネットと契約するのは難しい
・一般家庭での契約はマンション向け電力提供サービスからとなる

▼電気導入事例

2006年10月::導入開始
効果::
電力料金でみれば、
導入からこれまで相当大幅な削減
参考リンク::
http://www.ennet.co.jp/case/case_1_01.html

2011年6月::発表
効果::
関西電力を利用した場合に比べて、
1000万円の電気代節約
参考リンク::
http://www.ktv.co.jp/anchor/today/2011_07_18.html

2007年::導入開始
導入施設::道庁本庁舎・赤れんが庁舎・
道議会議事堂・文書館別館・別館西棟
効果::
年間約50万円の節約
参考リンク::
http://www.monipo.net/blog/area/110707-07/

「国会が使う電気について(その1)」

省庁名    庁舎名         落札者     入札金額
内閣府  内閣府本府庁舎      エネット   4499万円
財務省  財務省本庁舎      丸紅     9807万円
財務省  中央合同庁舎4号館   丸紅    11723万円
外務省  外務省本省        エネット  16497万円
経産省  経産省総合庁舎      丸紅    18650万円
経産省  特許庁本庁舎       Fパワー  31038万円
防衛省  防衛省本省        東京電力  91604万円
宮内庁  宮内庁本庁        丸紅     8708万円
農水省  中央合同庁舎1号館   エネット  13419万円
総務省  中央合同庁舎2号館   エネット  25457万円
国交省  中央合同庁舎3号館    Fパワー  15792万円
厚労省  中央合同庁舎5号館   エネット  25917万円
人事院  同上別館        ?? Fパワー    2885万円
法務省  中央合同庁舎6号館   丸紅    34741万円

(平成22年11月25日現在。なお千円の単位は切り捨てた)

霞が関の電力は東電じゃない。毎年一般入札でLNGや火力が参入 ?料金3割減


引用元: 国立市が「脱東電」、学校などの電力切り替え – SankeiBiz(サンケイビズ).

引用元: [脱東電]国立市「エネット電力切り替え」の内容・供給方法 – NAVER まとめ.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す