アマゾン川に巨大な地下水流 全長6千キロ、天文台が確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大なアマゾン川の地下にさらに巨大な川があったって話。
ピラミッドの地下にたくさんの地下ピラミッドがあったってのもあったし、古代文明よりさらに昔の文明は地下にあった説とかあってもおかしくない

アマゾン川の地下に別の“大河”―。ブラジル国立天文台の研究グループは26日までに、アマゾン地域の地下約4キロにアマゾン川より幅の広い全長約6千キロの地下水脈が流れていることが分かったと発表した。

 アマゾン地方の地下には大量の水の存在が指摘されていたが、アマゾン川を上回る巨大な水流の存在が確認されたことは、未解明の謎が多いアマゾン地域を知る上で貴重な成果と言えそうだ。

 同グループは研究者の名から地下水流を「ハムザ川」と命名。ハムザ川は幅200?400キロで、アマゾン川河口付近の倍以上。

引用元: アマゾン川に巨大な地下水流 全長6千キロ、天文台が確認 – 47NEWS(よんななニュース).

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す