人生を楽に生きる8つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1、今に生きる

過去を悔やんでたらればを繰り返したり、起きてないことをあれこれ憂いたりするのは時間と労力の無駄遣いで非生産的。
今の自分の状況や気持ちに行動原理をおく。

2、人や社会に期待をしない

求めたり「こうあるべき」とイメージを持ったりすれば、現実との差異にがっかりすることになる
基本は人生は自己責任。

3、他人は自己の投影

自分が見ている他人は、他人という物質に反射して映った自分だと考える。
それが心地よくないものなら自分が変われば良い話

4、事象を引き寄せている(選んでいる)のは自分

その出来事を通して味わいたい思いや学びたいことがあるからそれを引き付ける。
災難ととるのではなく自分の選んだものと思って構える

5、自分がいなくても世界は回る

自分が思うより他人や社会は自分を見ていない。
こうしなきゃ、こうでなきゃ、というのは自己満足であって、大抵の場合は不必要

6、ワクワクするものごとを選ぶ

自分の選択で他人が困っても、それは他人が対処すべき問題。
選択の連続の人生で、自分の心がワクワクする方を正直に選ぶのが一番スムーズ。これができないと葛藤やジレンマに苦しむ

7、自分の行いは必ず帰ってくる

自分の行動は、空へ向けてボールを投げるのと同じ。
きちんと受け止めないでぶつかった時に、痛いと言って責任転嫁しようとしても事は進まない。
自分が受けたい言動をとればそのまま返ってくる。

8、物事は全て中立

「悪い出来事」「縁起の良い場所」なんてのは本当はなくて、全て中立な物事に自分が意味付けをしてるだけ。
たとえば同じ場に居合わせて災害にあったとしても、ある人はたまたま見舞われたと感じるし、ある人は自分の宗教の教えを遵守しなかったからと捉えるかもしれない。
自分の見方で世界が変わる。

引用元: カオスちゃんねる : 人生を楽に生きる8つの方法.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す