「売る」コピー39の型 の要点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.具体的な数値で約束する
例 一日10分で

2.新しい使い方を提案する

3.迂回して間接的にアプローチする
あなたの彼はセクシーですか?

4.空気とタイミングを生かす
連休明けの一週間はとてつもなく長い

5.ネガティブな事実を突きつける

6.見込み顧客の気持ちで語る

7.損していると気付かせる

8.見込み顧客の感動の声のようにつたえる

9.見込み顧客にとっての新しいを提案する

10.時間的な希少性をアピールする

11.ビフォーアフターを劇的に伝える
なんで私が東大に!

12.しないで済むことを強調する

13.選ぶポイントを提案してあげる
10のポイント
あなたの選ぶ商品は◎◎か?

14.嬉しい姿を妄想させる

15.役立つ知識を教える

16.見込み顧客が得することをやさしくいう

17.買う目的を具体的に設定する

18.世の中のイベントに便乗する

19.価値を別の言葉で強調する
孫の笑顔はコエンザイム10

20.商品への要望を顧客の声で語る

21.必要性とその解決策を示す

22.見込み顧客の良識を試す
省エネを経済性だけで語るのは時代遅れです

23.逆説を使って強調する
◎◎以外は◎◎を
24.データを出す時は理由も言う

25.賢い買い物であると優越感を持たせる

26.知られてない事実を伝える

27.たとえを使ってメリットを強調する

28.比較対象を引用して説得する

29.商品を手に入れない未来を予言する

30.自分のことを言ってると思わせる

31.精神的な満足を強調する

32.意味付けをして価値を強める
飼うというより、一緒に生きている

33.なぜ必要なのか、理由を語る

34.ライバルが言っていないことを言う

35.わかりやすく圧縮して訴求する
災害対策、入ってます

36.自己紹介して見込み顧客を選び出す
ヨーグルト。いいえ、ケフィアです。

37.人に見立てて感情移入させる

引用元: 「売る」コピー39の型 の要点まとめ?ブクペ?.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す