攻殻機動隊が現実に – 脳に埋めたチップによって記憶を複製することに成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶をコントロールできるようになると、過去の経験で形成されている人格を作り替えることもできるようになる。って考えるとちょっと怖い技術。すでに軍事利用されてそうだし。

南カリフォルニア大学のプレスリリースによると、同大学・医用生体工学学科のセオドア・バーガー(Theodore Berger)教授が、海馬(左画像) という脳の長期記憶を司る部位の機能を模倣したチップを使い、ラットが学習した記憶を複製することに成功。

また脳につながれたスイッチを「On」することで長期記憶を復元し、「Off」にすることで忘却させることができたそうだ。ここからさらに忘却したラットにエンコードした記憶を再インストールするとこもできたという。また、このデバイスをラットに繋いだ状態で学習を行ったところ、ラットの記憶能力を向上させることにも成功したという。

学校のテストの前に「ハードディスクが繋がればなwww」とか帰り道で話していたことが現実に・・・い、いざなってみると

・記憶の複製
・記憶の「オン」「オフ」
・記憶の再インストール
・記憶能力の向上

今後はサルで検証し将来的には海馬を損傷した患者へ適応することを目指す。

すでに数年前には脳にチップを埋め込んだサルがロボットアームをコントロールする技術は確立。

少なくともラットの段階で「攻殻機動隊」や「マトリックス」のように記憶を消し去ったりバックアップしたりすることができるようになったということらしい。さらに、このデータをオンラインに繋ぐことはきっと簡単なこと・・・

いまでは普通にみんなが使っているコンタクトレンズも昔の人にとっては恐ろしい行為なんだろうなと思うと、これが当たり前の世界を想像するのは容易い。その時に人はすべての他人があたかも自分の事のように感じる世の中がやってくる一方、いったい「自分」とは何か?という問題に直面することもあるんだろうな。そしてそれはいつの間にか普通になって、僕らの意識は全く違う構造を持つことになるだろう。

引用元: 攻殻機動隊が現実に – 脳に埋めたチップによって記憶を複製することに成功 | DDN JAPAN / DIGITAL DJ Network.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す