水入りペットボトルを積みあげるだけで放射線約50%カット! 福島の小学校が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとか子供だけでも県外に移動できないものか。この状況かなり異常

福島県にある郡山市立橘小学校。この学校が、ある簡単な方法で約50%も放射線をカットできたらしい。えっ!? 50%も放射性をカット!? もし本当ならばかなり画期的でセンセーショナルな方法だが、いったいどんな方法なのだろうか?
それは超簡単な方法で、ペットボトルに水を入れてそれを積みあげるだけ。職員の間では「新ヤシマ作戦」と呼んでいるようで、かなりの効果があったようだ。以下がその測定結果である。
■実施前の教室線量 <高さ:70cmで測定>・窓側1m …… 0.31・中央 ……0.17・廊下側 ……0.13※3か所平均 0.20(単位:マイクロシーベルト)
■実施後の教室線量 <高さ:70cmで測定>・窓側1m ……0.12・中央 ……0.09・廊下側 ……0.10※3か所平均 0.10(単位:マイクロシーベルト)
確かに、数字だけをみれば 0.31が0.12になっているなど、かなり効果的に放射線量が減っている。特に教室の窓側は約3分の1にまで放射線を抑えられたそうで、相当な効果があったようだ。なお、水入りペットボトルによる火災も考えられるとのことなので、十二分に注意しておいたほうがよさそうだ。
参照:monipo.net、郡山市立橘小学校

▼これが「新ヤシマ作戦」の全貌だ!

引用元: 水入りペットボトルを積みあげるだけで放射線約50%カット! 福島の小学校が発表 ? ロケットニュース24(β).

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す