iTunesプレビューのサイトを開いたらiTunesが自動的に起動されてしまう問題を解消する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iTunesがアップデートを重ねるごとに重く進化していくからこういう設定は便利。

結構前からなのですが、これまでiTunes経由でしか見られなかったiTunes StoreにWebブラウザでアクセスできるiTunes プレビューというサイトがAppleで公開されています。

http://itunes.apple.com/jp/genre/music/id34

「わざわざ重いiTunesを立ち上げなくても試聴やアプリの検索が出来て便利!!」と思いきや、サイトを開くとしっかりiTunesが立ち上がります。

それじゃWebブラウザでアクセスできる意味がないじゃんということで、そのiTunesを立ち上げるプロセスをブロックする方法です。

対応ブラウザはFirefoxGoogle Chrome

すべてのブラウザでiTunesが立ち上がらないように対処してもいいですし、iTunes プレビューを見るように一つのブラウザだけ設定するのもいいでしょう。

すべてのブラウザで開かないようにする方法
RcDefaultappをインストールして、「URL」>「itms」のデフォルトアプリケーションを「iTunes」から「なし」へ変更する。

RcDefaultappでitmsリンクを無効にする

この方法が一番簡単なのですが「iTunesで見る」リンクをクリックしてもiTunesが起動しなくて、ちょっと不便。

Firefoxでの設定方法
ロケーションバーで「about:config」と入力してreturn

フィルタに「itms」と入れて「network.protocol-handler.warn-external.itms」を探しvalueをfalseからtrueに変更する。

Firefoxでのitmsリンクブロック1

「network.protocol-handler.warn-external.itms」がない場合、自分で作成する必要があります。

右クリックで「新規作成」>「真偽値」

Firefoxでのitmsリンクブロック2

表示されたダイアログに「network.protocol-handler.warn-external.itms」と入れて「true」に設定。

上記の設定をしてもiTunesが立ち上がってしまう人は「Firefox」>「環境設定」>「アプリケーション」で「itms」を検索。

Firefoxでのitmsリンクブロック3

取り扱い方法を「毎回確認する」に変更します。

Greasemonkeyをインストールしている人はiTunes AppTrackr Loading Page Integrationをインストールしましょう。

SafariでGreasemonkeyスプリプトを動かすGreaseKitでも使えるようです。

Google Chromeでの設定方法
拡張インストールで簡単設定

iTunes Preview: don’t launch iTunes

Google Chromeだけでやりたい人は

環境設定>高度な設定>コンテンツの設定>javascript>例外で

サイト:「itunes.apple.com」
処理:「ブロック」

Google Chromeでitunes.apple.comのjavascriptを制限する

この方法だとApple プレビューのサイトのすべてのjavascriptをブロックしてしまうので、試聴などもできなくなります。

引用元: iTunesプレビューのサイトを開いたらiTunesが自動的に起動されてしまう問題を解消する | Macの手書き説明書.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す