ドコモの公式テザリング機能利用時の料金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テザリング、高速通信、低価格。家のネット回線の代替候補になるようなサービスに成長してほしいなぁ


ざっくり試した所、公式テザリングの利用可否は上記のような結果になりました。必須要件としてSPモードがあり、FOMA音声SIM、定額データSIMともにSPモード契約なしでは接続できませんでした。
また、仕組み上グローバル版のSIMフリー端末で使用する事は無いと思いますが、もしグローバル版SIMフリー端末に日本版のRomを入れても制限によりSPモードに接続できない為、利用はできません。
※上限 10,395円はパケ・ホーダイ契約時の金額です。※定額データの場合にはフラット 5,460円?バリュー 5,985円になります(定額データスタンダード割適用時)

公式テザリング利用時には専用APN「dcmtrg.ne.jp」に接続します。このAPNはframeworkに内包されている為、root無しで変更する事はできません。その為、b-mobile利用時やSIMフリー化しての他社SIMでの利用時には公式テザリングは利用できないでしょう。SPモード契約済みのドコモ端末からであれば普通に接続できますが、FOMA音声端末から繋ぐと単に上限10,395円の高いAPNです。

公式テザリング利用分の料金はFOMA音声契約の場合「FOMAパケット通信料[一般]」扱いとなっています。これはmopera.netに接続した時と同じで、上限額が10,395円になる事が分かります。定額データ契約の場合は定額通信料に含まれます。
テザリング | サービス・機能 | NTTドコモ

引用元: ドコモの公式テザリング機能利用時の料金 ? コムギドットネット.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す