[東京大学[広報・情報公開]記者発表一覧]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功」

2011年4月15日

1.発表概要:
量子力学の黎明期に提案された二大パラドックスである、シュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスを テーブルトップで同時に実現し、それらを組み合わせてシュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功した。

2.発表者:
古澤 明(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 教授)

引用元: [東京大学[広報・情報公開]記者発表一覧].

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す