Controlキーを使いこなせばMacの作業効率は恐ろしく上がる! 覚えるべき7つのショートカットキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、スーパープログラマー@akio0911さ んと一緒に作業させてもらってるんですが、ふと@akio0911さんのキーボード捌きを見るとなんか独特なので、「一体これはなにをしてるんです か!?」と聞いてみたところ、「Controlキーのショートカットキーを駆使して文字入力してるんです。これ覚えると便利ですよー」と。

試しにやってみたらこれは感動! むちゃくちゃサクサク文字入力がすすむじゃないっすか!

というわけで、今回は@akio0911さんオススメのMacの作業効率を恐ろしくあげるControlキーを使った7つのショートカットキーをご紹介したいと思います!

SPONSORED LINK
スポンサーリンク

カーソルを上げ下げするControl ショートカットキー。

ショートカットキー 内容
1. Ctrl + P 上の行にカーソルをもっていく。
2. Ctrl + N 下の行にカーソルをもっていく。

カーソルを行の先端、もしくは行末にするControl ショートカットキー

ショートカットキー 内容
3. Ctrl + A カーソルが行の一番最初にいく。
4. Ctrl + E カーソルが行の一番最期にいく。

バックスペースするControlショートカットキー

ショートカットキー 内容
5. Ctrl + H バックスペースキーと同じ挙動

カーソルから行の末尾までを消すControlショートカットキー

ショートカットキー 内容
6. Ctrl + K カーソルから行の末尾までを消す

Ctrl + Kで消した文字列をペーストするControlショートカットキー

ショートカットキー 内容
7. Ctrl + Y Ctrl + Kで消した文字列を復活させる

Controlキーに小指はそえたまま。

効率的にControlショートカットキーを使いこなすには、Controlキーに小指をそえっぱなしにしましょう。こうすることで効率的に Controlショートカットキーが使えるようになります。いやーほとんど指の場所をホームポジションにおいたままで何でも出来るなー。これはや べぇ・・・。

Ctrl + AとCtrl + Kの組み合わせは神だよ!

この7つのショートカットキーでおすすめは、Ctrl + AとCtrl + Kの組み合わせですね。
よく文字入力を間違ってダダダッとミスタイプが続いてしまい、一文字ずつバックスペースキーを連打しなければならないことってありますよね。そんなときCtrl + AとCtrl + Kを組み合わせれば、キーボードに手をおいたまま、あっという間に消去可能です。

というわけで、

もっと文字の入力をスピードを早めたい!という方ぜひこの7つのショートカットキーをお試しアレ! つかいこなせば通常の3倍早くなることは保証いたします!!

おまけ: USキーボードユーザのためのControlキーを押さえやすくする方法。

USキーボードの方はControlキーが凄く小さいので非常に押さえにくく、このショートカットキーの恩恵が受けにくいです。
そこで、大きい割にそんなに使わないCaps Lockと交換しちゃいましょう。やり方は以下のとおり。

スクリーンショット 2011 04 13 17 23 07
システム環境をクリックします。

スクリーンショット 2011 04 13 17 23 31
キーボードをクリックします。

スクリーンショット 2011 04 13 17 23 40
修飾キー…をクリックします。

スクリーンショット 2011 04 13 17 23 56
あとはCaps LockをControlキーに、ControlキーをCaps Lockキーにすることで、USキーボードでもControlをバシバシたたきやすくなります。

引用元: Controlキーを使いこなせばMacの作業効率は恐ろしく上がる! 覚えるべき7つのショートカットキー | 和洋風◎.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントを残す