東京都、水道水「乳児は控えて」 23区と5市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東 京都は23日、金町浄水場(東京・葛飾)で水道水1キログラムあたり210ベクレルの放射性ヨウ素を検出したと発表した。福島第1原子力発電所の事故の影 響とみられる。乳児向けの暫定規制値100ベクレルを上回り、都は江戸川から取水する金町、三郷の両浄水場から配水する東京23区や武蔵野、三鷹、町田、 多摩、稲城の5市を対象に、1歳未満の乳児に水道水を飲ませることを控えるよう求めた。

都は「基準は1年以上の長期にわたり摂取した場合の健康影響を考慮して設定されている。代替となる飲用水が確保できない場合、数回飲んでも 健康に影響はない」(水道局)と説明。枝野幸男官房長官も同日の記者会見で、「乳児の健康に万が一にも影響を与えないための万全の措置だ」と強調するとと もに、他県の水道水の放射性物質については「しっかりとモニタリングをして状況を把握し、対処できるようにしたい」と述べた。

画像の拡大

22日に江戸川水系の金町、荒川水系の朝霞(埼玉県朝霞市)、多摩川水系の小作(東京都羽村市)の3浄水場で水道水を検査したところ、同日 午前9時時点で、金町で1キログラムあたり210ベクレルの放射性ヨウ素を検出した。厚生労働省が定めた暫定規制値の乳児向け基準である同100ベクレル を超えているが、大人の規制値300ベクレルは下回っている。

朝霞からは検出されず、小作からは同32ベクレルを検出。金町の23日午前9時時点の数値は、同190ベクレル。放射性セシウムは検出されなかった。

都は放射性ヨウ素の検出は「福島第1原子力発電所の事故の影響であることは間違いない」(同局)と分析。当面の間、3浄水場で放射線の測定 を続ける。都は都内の保育施設を対象に乳児へ水道水を飲ませないよう通知、1歳以上の幼児については特段の対応の必要はないとしている。

石原慎太郎知事は23日の記者会見で「ただちに健康には影響はなく、生活用水として使う分にも問題ない」と呼び掛けた。

引用元: 東京都、水道水「乳児は控えて」 23区と5市  :日本経済新聞.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す