グルーポンまるで残飯なおせちの外食文化研究所水口社長にインタビューしてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水口社長が皆様の質問・疑問に答えてくれます。

0001
0002
0003


─なぜこのような事が起こったのでしょうか?

水口氏
まず大変申し訳なく思っておりそれを謝罪させて頂きたいと思います。
今回このような事が起こった経緯として、
バードカフェという店舗にて料理の制作等を行っていたのですが
初期に想定していた販売数は100に対して実際は500の注文が入りました。

グルーポンでここまで反響があるとは想定しておらず、
企画そのものの見切り発車となってしまった部分が大きく考えられます。


─なぜ見切り発車してしまったのですか?

水口氏
完全に力不足です。
商品が本来あるべき形にならないと分かった時点でキャンセルすべきでした。
しかし、浮足立ってしまった事もあり現在の形で販売してしまいました。

─そもそも、このような商品内容で配送した時点でクレームがつくのは目に見えていたのでは?

水口氏
キャンセルか不完全な状態でも配送か二つの選択で悩みましたが、
お客様との契約を優先として考え、商品が届く事がまず大事と判断しました。

─グルーポン側からは、反響の規模がどのくらいになるか等アドバイスはなかったのでしょうか?

水口氏
グルーポンからは一切そのようなアドバイスはありませんでした。
おせち料理の販売自体グルーポン上でも初の試みで、
グルーポンへおせちの販売をしたいとお願いしたところ、
かなり乗り気で対応して頂き、私共も反響に浮足立ってしまった事が大きな反省点です。

私自身はグルーポンの営業の方と直接やりとりはしていませんが、
やり取りを行っていたマネージャーからもすごくいい感触だと聞いたため
社長判断で販売に踏み切った次第です。

─おせち料理100個の販売数を想定していたと伺いましたが、
実際配送された商品は100個の販売商品の中身を500個に分けた為に中身がスカスカになったのですか?

水口氏
商品の予約自体は2010年11月から行っておりました。
仕込みの準備に入ったのが2010年12月26日です。
ただその状態で予約数が大きく上回った事により、
予想よりも盛り付け作業に時間がかかってしまいました
商品の分量を小分けしたわけではありません。

─でも、ネット上に出ている商品画像はスカスカで貧相なものですよね?

水口氏
本来重箱の仕切りは9つになる予定でした。
しかしその仕切り等の準備が出来ず4つの仕切りに急遽変更した事が考えられます。

─では、4つの仕切りの重箱の中身を9つの仕切りの重箱に盛り付け直せば本来の商品と同じ分量なのですか?

水口氏
実際は、予約時掲載の写真より少々少なくなってしまったと思います。
申し訳ありません。

─2ちゃんねる等でもかなり話題になっていますが、そういった内容がご覧になられていますか?

水口氏
はい。おおよそのスレッドに関しては把握し、
状況を受け止めております。

─なるほど。経緯は分かりました。
しかし御社ホームページの謝罪文にはこういった詳細内容を踏まえての謝罪は掲載されていないですよね?

水口氏
それについては、トピックス等の簡単な箇所の編集はすぐに可能なのですが、
ホームページの管理等を外注に頼んでいる為、
1月4日以降のお正月明けの対応となってしまい大変申し訳ありません。

ですが、グルーポン側にお願いし、購入された方全てに全額返金するといった内容の
メール連絡をお願いしています。

今回の販売結果につきましては完全に力不足となる結果となってしまいました。
御迷惑をおかけした皆様には新年の幕開けをこのような形で迎えさせることになってしまい
大変申し訳ありません。
ネットのお話様のインタビュー記事を通しての謝罪となりまず申し訳ありませんが
誠意をもって謝罪や返金対応をさせて頂きます。
1月4日以降、また正式な告知の方させて頂きます。
この度は大変申し訳ありませんでした。

─インタビューありがとうございました。

引用元: グルーポンまるで残飯なおせちの外食文化研究所水口社長にインタビューしてみました:ネットのお話 ブログ.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す